読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューヨークで入浴中

駐在妻のNY生活日記

やっちまった…カーネーションの花言葉知ってますか?

ニューヨーク_日常

こんにちは。

 

今週からサマータイムが終わったけど、時差?に体がついていけてない…

早朝に目が覚めるー!

 

そして今日はいよいよ選挙の日。

Googlカレンダーにもデフォルトで「Election Day」って書かれているんです。

街には警察官がたくさん。ニュースも選挙関連がたくさん。

なんだか日本の選挙より注目してるかも。

 

さてさて今日はちょっと失敗した話…

先日付き合った記念日だったのでお花を買って帰りました。(結婚記念日ではない)

特にお祝いしなくていいけどせっかく覚えてたしと、お花だけ買いました。

 

どこのスーパーにもお花が置いていて気軽に買えます^^

私が悩んだ結果選んだのは、黄色いカーネーション。

カーネーションって母の日にも送るから「感謝」とかなんかいい意味ありそうだしと選びました。

 

旦那さんが帰ってきたら得意げに花言葉言ってやろうと思って、帰りの電車で調べてみました。「カーネーション 花言葉」と。

 

すると…

カーネーション全般の花言葉は…「無垢で深い愛」

なかなかいい感じ!

そして花の色別にも花言葉があるらしい。

例えば赤は…「母への愛」「深い愛」

 

そして今回購入した黄色の花言葉は…

 

「軽蔑」「拒絶」

 

( ;´Д`)

全然軽蔑も拒絶もしていないのに!!!!

そんな気持ち伝えたいとも思わないし!!!!

この事実を知ってから、黄色のカーネーションを持っていること自体、どことなく恥ずかしくなってきました…

 

さらに自分のダメさにがっかりしたのが、白色のカーネーションについての説明を見たとき。

実はお義母さんがNYに遊びに来たとき、当日に慌ててお花を買ってお家に飾ったんです。それが白いカーネーションでした。

 

花言葉は「純粋な愛」「尊敬」

うん、悪くない。

 

でも…

素敵な花言葉ですが、白いカーネーションは亡くなった母へ贈るものとされています。

 

( ;´Д`)

 

やってしまいました。

 

「母の日にカーネーションを贈る習慣は、1907年、アメリカのアンナ・ジャービスが母の命日に、母が好きだった白いカーネーションを教会で配ったことがはじまり」だそうです。

そのため白いカーネーションは亡くなった母に贈るものとされているそうで…

 

まぁ、そのときは母の日ではないし!

花言葉自体は悪くないし!

 

と自分に言い聞かせましたが、なんで数ある花の中からカーネーションを、しかも白色を(今回は黄色を)選んだんだ…とがっかり。

自分のついてなさとダメさに呆れすぎて笑えてきましたw

 

旦那さんに「だから花なんて買わなくていいって言ったのにー」と言われましたが、

今回はいいお勉強だったことにして、めげずにたまにはお花を買おうと思います!

 

みなさんもお気をつけて!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ