読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューヨークで入浴中

駐在妻のNY生活日記

友人との再会で思うこと

すっかり秋模様のNYからこんにちは^^

今日の最高気温は25度と過ごしやすいお天気になりそうです。

NYの秋は短いので楽しみたいですね。

 

週末は、日本にいた時の友人に会いに行ってきました。

社会人になりたての頃出会った旦那さんとの共通の友人です。

友人も仕事を辞めて駐在妻としてアメリカ生活中。

かわいい子供ができてすっかりママでした♡

 

友人がアメリカに行った2年前にはまだ付き合ってもいなかった私たち。

まさか、お母さんになった友人と、夫婦になった私たちがアメリカで再会するなんて、あの頃には想像もしていませんでした。

 

それぞれ出会った時とは違う立場になったけど、

いざ再会するとあの頃と何も変わらない他愛もない会話。

仕事や立場なんて関係なかったんだなと思いました。

 

NYに来て、初めて何の肩書きもなくなりました。

「〇〇大学の…」「△△会社の…」「××の仕事をしている…」と、何かしら自分を説明する肩書きがあったのに、何もなくなり、ふと不安を感じたこともありました。

何の価値も作り出していない存在なような気がしたりして。。

 

でも今思うと、そういう肩書きに隠れて、自分を育てることをないがしろにしていた気もします。自分の好きなこととか、得意なこととかを大切にして、肩書きがなくなても一個人として自分の説明ができるようになりたいなと思いました。

 

きっと周りの人は何も変わっていないけど、NYに来て、旦那さんや友人、日本にいる家族の優しさや愛情をすごく感じれるようになった気がします。

以前、私は幸せのハードルが低いと言われたことがあるけど、もっともっと下がった気がします…笑 

どこにいても、何をしてても、変わらず仲良くしてくれる人が少なからずともいることを実感できて、幸せだなーと思います。

 

もしかしたら、仕事を辞めてNYに来たことはキャリアとしては致命的になるかもしれません。また、頑張って結果を残していくことだけが自信につながると思っていました。

 

でも今は、変わらない友人や、肩書きがなくても英語が話せなくても友達になってくれる人がいることが、自信につながっています。どこにいても、何をしてても、友人でいてくれるし、家族でいてくれるんだという安心感。これは、仕事を続けていてももしかしたら気付けなかったかもしれません。

 

これに気づけただけで、NYに来て良かった。

友人の再会という一つの出来事を、こんなにも感じることができる時間があることに感謝。

 

あぁ…なんだか重い内容になっちゃったかも。なんでかな…笑

さて、今週もがんばりましょー!

 

(空港→友人宅の風景。癒される…けどさすがに2時間これは飽きましたw)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ