読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューヨークで入浴中

駐在妻のNY生活日記

いきなりステーキ in NY

こんにちは!

突然ですが、「♪お手元におてもと〜♪」っていうリズムネタの芸人さんをご存知ですか?

(日本ではどれぐらいの知名度なんだろ…?)
エンタの神様 もりせいじゅ 「足元にお手元」

 

見たときは別に面白くなかった気がしたけど(失礼。w)、

なぜか昨夜、ベットに入って「おやすみ〜」と言った後、

「♪足元におてもと、お手元におてもと〜♪」が頭の中を永遠リピート!!

自分の中で消化しきれず、旦那さんを起こして「ねぇ、お手元にお手元〜が無限ループに入ってしまった」と無意味な報告。眠そうな旦那さんは「よかったね〜」と適当に受け流すw

おかげでスッキリして無事眠れました。(めちゃ迷惑!w)

 

さてさて、全くこのネタとは関係ないんですが、2月23日にオープンした「いきなりステーキ」に先日行って来ました!

いきなりステーキ

グラム単位で注文する立ち食いスタイルのステーキ屋さん。

2013年12月に銀座に1店舗目を出店後全国各地に次々と出店しているようです。

ちなみに日本では行ったことありませんでした。。

 *いきなりステーキのHP

  HOME | いきなり!ステーキ

 *ニューヨーク店(イーストビレッジ)のHP

  Ikinari Steak USA Home

 

食べたもの

休日のランチ時間帯ということもあってか、20分程度並んでようやく店内へ。

私が行った時のお客さんは、日本人、アジア人が70%ぐらいの印象かな?

 

なぜか、厨房にいる人と同じコックの格好をした人が、席を案内してくれました。

さらにサイドメニューの注文も取ってくれます。

これには他のお客さんも少し戸惑っていたように思います…

というのも、アメリカは仕事の分担が明確!

通常、席に案内する人、オーダーを取る人、料理を運んだりお皿を下げる人が全て違います。

なので、コックの格好した人が席の横を通っても、オーダーをお願いしていいのか初めはわかりませんでした…

 

とりあえず無事に、サイドやドリンクは席でオーダーし、いよいよお肉のオーダーへ!

お肉の種類とグラムを言うと、その場で切ってくれます。

 

注文したのは、2人でリブアイ300g($27)、サーロイン200g($16)、ガーリックライス、大根サラダの4品。

(お肉の値段は、実際にはカットしてもらった重さに対する値段を払うので、300gでオーダーしても、320gの場合は少し高くなります。)

 

お肉たち〜(どっちがどっちか忘れました…w が、リブアイの方が好きでした。)

ガーリックライス〜(お肉も入ってました!)

大根サラダ〜(なんだか懐かしい味でしたー♡)

 

ニューヨークのステーキハウスにはない、わさびが置いてました!

やっぱお肉にわさびは合いますよね〜♡

 

感想

味は…主観ですが、やっぱり値段も張る分、ニューヨークのステーキ屋さんの方が美味しかったです。

また、オープンしてまだ1ヶ月&忙しい週末のせいか、スタッフさんたちバタバタしていたような。。

ただ、チップも不要という日本式なので、やはり手軽に気軽にお肉が食べれることには間違いありません!

もう少し期間をあけて、混雑がしていない時間帯で、お肉がサクッと食べたくなった時にまた寄ってみたいと思います^^

 

と同時に、家でのステーキを焼く技術をもっと向上させたいなーと思いました。

たまにスーパーで熟成肉売っているので、家で美味しく焼けたら最高だなーと!

 

ちなみに、2人でこのオーダーはかなりお腹いっぱいになりました!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ